読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

B-Teck!

お仕事からゲームまで幅広く

【本】夜は短し歩けよ乙女

夜は短し歩けよ乙女 (角川文庫)

夜は短し歩けよ乙女 (角川文庫)


毎度不思議な大学生活を描く森見登美彦氏。

とはいっても自分は四畳半神話大系(アニメ)から入った口なのであまり大層なことは言えないのだけれど。

ほわほわして、どこか抜けた雰囲気のある「黒髪の乙女」の存在に終始頬が緩みっぱなしだった。
奇妙で、奇天烈な学園生活に見えても、ちょっとした細かな一つ一つのピースがどこかしら自分の学生時代の思い出と合致して、不思議な感覚として残っていくのは読んでいてとても面白かった。