読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

B-Teck!

お仕事からゲームまで幅広く

【PHP】PHPの緩い比較とかの話

PHPの比較

PHPには、2つの変数が等しいことを比較する演算子=====で2つある。
==は、暗黙的に型を相互変換した後に行われる比較。 ===は、型も含めた比較となる。
PHP: 比較演算子 - Manual

2a問題

暗黙的な型変換による比較というのは、多言語経験者から見ると違和感の大きいものらしく、
2a問題」という名前で取り上げられることもある。
"2a"という文字列が、==で整数型の2と比較した際に等しくなってしまうというやつだ。

<?php
    $a = 2;
    $b = "2a";
    
    if ($a == $b) {
        echo "$a == $b is True";
    }
    
    if ($a === $b) {
        echo "$a === $b is True";
    }
    
    //$a == $b is Trueのみ出力される

==についての不思議な挙動は、下記でもっと深く見ることができる。

素晴らしき自動的な世界〜或いは「型のない」世界〜 - がるの健忘録
PHP 5.4.4から==の挙動が一段と難しくなりました - hnwの日記

その他の関数

じゃあ基本的に==は使わず、===を使おうという話なんだけど、
実はin_arrayとかsortとか、switchとかarray_searchとか…
PHP自体の組み込み関数には、デフォルトで==と同様の比較をしているものがある。
例に挙げた以外にも多分あるんだと思うんだけど、まとまって参照できるところがなくてわからない。
(誰か知ってたら教えてくれ)

in_arrayとかarray_search

こいつらには第三引数にstrictってのがあって、
これをtrueにすると型までみていい感じにしてくれる。
デフォルトだと緩い比較なのでガバガバ。

PHPのin_arrayは罠が多いので注意喚起が必要 - Qiita
PHP: in_array - Manual

sort

あとこいつも第二引数で比較方法を設定できていい感じ。
デフォルトだと(略)

設定値 説明
SORT_REGULAR 通常通りに項目を比較 (型は変更しません)
SORT_NUMERIC 数値的に項目を比較
SORT_STRING 文字列として項目を比較
SORT_LOCALE_STRING 現在のロケールに基づいて比較します。
比較に使うロケールは、setlocale() で変更できます。
SORT_NATURAL 要素の比較を文字列として行い、 natsort() と同様の「自然順」で比較します。
SORT_FLAG_CASE SORT_STRING や SORT_NATURAL と (ビット OR で) 組み合わせて使い、
文字列のソートで大文字小文字を区別しないようにします。

PHPのsort関数は相当おかしい - hnwの日記
PHP: sort - Manual

switch

構文的に厳密な比較に対応してない。
ハマりやすい。

<?php
$i = "0";
switch ($i) {
    case 0:
        echo "iは0に等しい";
        break;
    case 1:
        echo "iは1に等しい";
        break;
    case 2:
        echo "iは2に等しい";
        break;
    default:
       echo "iは0,1,2に等しくない";
}
// "iは0に等しい"が出力されちゃう

回避するにはこうする。

<?php
$i = "0";
switch (true) {
    case $i === 0:
        echo "iは0に等しい";
        break;
    case $i === 1:
        echo "iは1に等しい";
        break;
    case $i === 2:
        echo "iは2に等しい";
        break;
    default:
       echo "iは0,1,2に等しくない";
}
// "iは0,1,2に等しくない"が出力される

こうなるとif-elseでいいんじゃ?って気もしてくるけど、
switch使いたいときもあるから気をつけないといけない。

PHP: switch - Manual